コラム

コラムコラムCOLUMN

  • 2021/02/16
  • 院長コラム
歯科医院の選び方のススメ
歯科医院を選ぶ際にはどうすれば良いのか?
何に気を付けて、何を基準に選べば良いのか?
歯科医院を選ぶ際のポイントを整理します。
費用・期間だけで判断するのは危険です。
矯正費用や治療期間だけで判断するのは危険です。
実際の治療を行う前のカウンセリングをどれだけ信頼・満足できるもであったかも歯科医院を選ぶ基準になります。次の3つの項目に注意してみてください。
1.きちんとした検査、丁寧な説明を行ってくれるか……
適切な治療を行うためには、さまざまな視点からの適切な診断が必要不可欠です。
しっかりとした検査なしに歯やあごの状態を正確に把握することはできません。
また、矯正治療は一般的な歯科治療と比較しても、費用・時間ともに非常に高く、長くなります。
その分、患者様が抱えている不安・疑問も大きくなるため、しっかりした説明と回答が得られ、納得・信頼したうえで治療が開始できるかが非常に重要です。
2.しっかりとした治療計画が立てられているか……
どのような治療方法で、どのくらいの期間をかけて、どのような歯並びの状態まで治療するのか、そのための費用がどれだけかかるのか、こうした説明がきちんとなされたかどうかをしっかりと確認してください。
患者様の症状は、骨格、歯の生え方、普段の食生活や癖などによってお一人お一人違います。一般的な治療計画ではなく、ご自身の状況に合わせたしっかりとした治療計画が立てられているかが重要です。
3.メリットだけでなくデメリットも説明してくれるか……
矯正治療は美しい歯並びやしっかりとした噛み合わせが実現できますが、治療するからには、それなりのデメリットも少なからず存在します。矯正治療に限ったことではなく、メリットしかない治療法は存在しないため、患者様が治療に入るための判断が正しくできるよう、マイナスの情報をしっかりと説明してくれているかどうかも、矯正歯科医院を選ぶポイントの一つです。
矯正専門医をオススメする理由
矯正歯科の「治療」は、よくない噛み合わせや歯並びの状態を、ゆっくりと時間をかけて理想的な状態に整えていくことです。現在生えている歯をいかすことを最優先にするため、基本的に治療で歯を削ることはありません。
小児歯科や口腔外科が存在しているように、矯正歯科治療専門の医院もあります。大学病院などで矯正治療の専門知識と技術を積んだ医師が常駐し、矯正治療に関しては一般の歯科医院よりも安心して治療を任せられます。
日本における「歯科医師」は、歯科・小児歯科・矯正歯科・口腔外科のどれでも自由に掲げることが許されていますが、知識や技術といった面では、一人で複数の科目の診察ができるドクターはごくわずかです。そのため、日本矯正歯科学会では、矯正治療における知識と技術を保証するための「認定医」や「専門医」といった認定資格の制度をもうけています。
また、日本臨床矯正歯科医会に加入している歯科医は、見た目の美しさだけでなく、噛み合わせの改善や咀嚼機能の向上、口全体の健康増進など、矯正歯科医療の技術向上に日々取り組み、常に最新の知識と技術を取り入れています。
まずはご相談ください
歯の矯正について気になることがございましたら、まずは浅見矯正歯科クリニックにご相談ください。カウンセリングだけでもお受けしています。
噛み合わせや歯並びについての不安、悩み、ご質問など、どのような些細なことでも構いません。
BACK LIST

あなたへのおすすめ